• ホーム
  • カンジダは性感染症ではない?症状と治療法の紹介

カンジダは性感染症ではない?症状と治療法の紹介

カプセルと瓶と葉

有名な性感染症のひとつには、カンジダという病気を挙げることができます。これは性感染症のひとつだということができますが、性行為がなくても発病してしまうことがある病気です。そのため、カンジダに感染した人すべてに対して、感染者と性行為を行ったからだとは言えません。正しい知識を保有していなければ、移るような性交渉を行っていないから病気ではないと思ってしまう可能性もあり、カンジダについての正しい知識を身につけることが大切です。

特に女性に多い病気だと言えますが、原因となるカンジダ属の真菌は女性の身体に存在していてもおかしくない菌だと言えます。もともと膣内に真菌がある人は少なくないので、何かしらのきっかけで真菌が異常増殖してしまえば、発病してしまうのです。つまり性病の一種である病気を患ったとしても、場合によっては性行為が原因ではないということもあるので注意しておかなければなりません。女性の場合はピルの服用や疲れ、ストレスなどがきっかけで発症することが多く、妊娠でも発症することがあるのです。ピルの服用や疲れ、ストレスでホルモンバランスが乱れてしまったり病気への抵抗力が下がってしまったりした場合や、妊娠によって膣内の環境が変わってしまったときに、真菌を異常増殖させてしまう可能性が高くなると言えます。

ただし男性でも自己感染してしまう可能性があるので、一概に他者から移されたということはできません。男性の場合は、糖尿病やステロイド剤の使用による自己感染もあり得ますが、包茎で常に亀頭が包皮に覆われているという場合、亀頭に菌が繁殖してしまい、発症することがあるのです。自己感染は男性もすると知らない人が多いので、男性でも自己感染はあるということを知っておきましょう。感染した場合は男性女性ともに性器の炎症、膿やオリモノなどに問題が生じると言えるのです。

膣カンジダは病院で処方された抗生物質以外にも、市販されているエンペシドなども効果があります。病院で抗生物質をもらうことに抵抗がある場合は、まずはエンペシドを購入してみるのも良いでしょう。カンジダは性行為だけではなく、自己感染の可能性もありますので、ピルの使用があるなど、発症させる可能性のある場合は、普段から免疫力をアップさせる食事を摂ることや清潔な下着を着用するようにするなど、日常生活を送るうえでも注意しておくべきだと言えます。注意していても感染してしまった疑いがあるのであれば、病院に行って検査を行ったり市販薬を購入したりするようにしてください。

関連記事
淋病に感染してしまったらパートナーも検査や治療が必要 2020年06月28日

淋菌を原因として発病する淋病も、性感染症のなかでは有名だということができます。淋病は避妊具なしでの性交、アナルセックス、オーラルセックスによって感染する性感染症です。特に性風俗を利用した男性が感染してしまう事例が多く、そこから自分のパートナーに移してしまい被害が拡大することもあります。淋病になった場...

エイズに感染しても進行を遅らせる薬があるから心配しないで 2020年05月23日

HIVウイルスに感染して、それが悪化してしまうとエイズに進行してしまいます。多くの人が知っているように、エイズは免疫力が低下して様々な病気を引き起こしてしまうため、恐怖を感じる病気であると思っている人は多いです。実際、進行してしまうと大変なことはとても多いですが、現在は医療技術が進歩しているので、過...

性感染症の治療薬は通販サイトで購入できます 2020年04月14日

性病の疑いがあったとしても、それを理由に病院を受診することに抵抗がある人は少なくありません。病院で性器を見られることが恥ずかしいと感じる人もいれば、性病科や泌尿器科、産婦人科に通っている事実を家族や知人に知られたくないという人もいるでしょう。しかしながら、性病であるのに放置をしてしまうと重症化するな...

性器ヘルペスは再発することがあるので気を付けましょう 2020年03月07日

性病のなかには、薬を服用するだけで治ってしまう病気もあれば、一度治ったように見えても再発してしまうものもあります。性器ヘルペスは再発しやすい病気のひとつであると言えるでしょう。その理由は性器ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスは、治療によって完全に死滅させることができないからです。ウイルスの増殖を防...

性器周辺にイボができたら尖圭コンジローマと思ってください 2019年10月29日

性病はその病気の種類によって症状が様々ですが、性器や肛門周辺にイボができた場合は尖圭コンジローマという病気を疑ってください。子宮頸がんと同じウイルスによる病気だと勘違いしている人もいますが、これは低リスク型のヒトパピローマウイルスに感染することで起こる病気であり、子宮頸がんの原因となる高リスク型ヒト...