• ホーム
  • カンジダは性感染症ではない?症状と治療法の紹介

カンジダは性感染症ではない?症状と治療法の紹介

カプセルと瓶と葉

有名な性感染症のひとつには、カンジダという病気を挙げることができます。これは性感染症のひとつだということができますが、性行為がなくても発病してしまうことがある病気です。そのため、カンジダに感染した人すべてに対して、感染者と性行為を行ったからだとは言えません。正しい知識を保有していなければ、移るような性交渉を行っていないから病気ではないと思ってしまう可能性もあり、カンジダについての正しい知識を身につけることが大切です。

特に女性に多い病気だと言えますが、原因となるカンジダ属の真菌は女性の身体に存在していてもおかしくない菌だと言えます。もともと膣内に真菌がある人は少なくないので、何かしらのきっかけで真菌が異常増殖してしまえば、発病してしまうのです。つまり性病の一種である病気を患ったとしても、場合によっては性行為が原因ではないということもあるので注意しておかなければなりません。女性の場合はピルの服用や疲れ、ストレスなどがきっかけで発症することが多く、妊娠でも発症することがあるのです。ピルの服用や疲れ、ストレスでホルモンバランスが乱れてしまったり病気への抵抗力が下がってしまったりした場合や、妊娠によって膣内の環境が変わってしまったときに、真菌を異常増殖させてしまう可能性が高くなると言えます。

ただし男性でも自己感染してしまう可能性があるので、一概に他者から移されたということはできません。男性の場合は、糖尿病やステロイド剤の使用による自己感染もあり得ますが、包茎で常に亀頭が包皮に覆われているという場合、亀頭に菌が繁殖してしまい、発症することがあるのです。自己感染は男性もすると知らない人が多いので、男性でも自己感染はあるということを知っておきましょう。感染した場合は男性女性ともに性器の炎症、膿やオリモノなどに問題が生じると言えるのです。

膣カンジダは病院で処方された抗生物質以外にも、市販されているエンペシドなども効果があります。病院で抗生物質をもらうことに抵抗がある場合は、まずはエンペシドを購入してみるのも良いでしょう。カンジダは性行為だけではなく、自己感染の可能性もありますので、ピルの使用があるなど、発症させる可能性のある場合は、普段から免疫力をアップさせる食事を摂ることや清潔な下着を着用するようにするなど、日常生活を送るうえでも注意しておくべきだと言えます。注意していても感染してしまった疑いがあるのであれば、病院に行って検査を行ったり市販薬を購入したりするようにしてください。

関連記事
性器周辺にイボができたら尖圭コンジローマと思ってください 2019年10月29日

性病はその病気の種類によって症状が様々ですが、性器や肛門周辺にイボができた場合は尖圭コンジローマという病気を疑ってください。子宮頸がんと同じウイルスによる病気だと勘違いしている人もいますが、これは低リスク型のヒトパピローマウイルスに感染することで起こる病気であり、子宮頸がんの原因となる高リスク型ヒト...

クラミジアは喉にもうつるので注意してください 2019年12月29日

日本で最もポピュラーな性感染症だとされている病気に、クラミジアがあります。これは日本国内の感染者数が40万人以上存在すると言われており、とても患者数が多いと言えるでしょう。クラミジア・トラコマティスという病原菌によって感染し、様々な症状が引き起こされますが、自覚症状を感じない人が多いため、些細な違和...

50歳以上の方は帯状疱疹に気を付けましょう 2019年12月04日

高齢者で帯状疱疹とも呼ばれる帯状ヘルペスに感染してしまう人は、決して少なくありません。特に50歳以上の人は感染が多く、注意が必要だと言えるでしょう。水痘に感染したときの水痘や帯状疱疹ウイルスが潜伏し続けることによって、免疫力低下を起こし、再活性化することでおこる病気です。水痘は水痘ウイルスの感染によ...

40歳未満に多いと言われているマイコプラズマ肺炎の原因と治療法 2019年11月08日

マイコプラズマ肺炎は40歳未満の人が感染しやすいということで知られています。40歳未満で多いと言われていますが、40歳以上であれば絶対に移らないというわけではないので、注意しておきましょう。このマイコプラズマ肺炎は細菌に感染することで起こる肺炎です。呼吸器感染症のひとつであり、多くの呼吸器感染症がそ...

オリモノの悪臭がするトリコモナスの治療方法 2019年11月04日

トリコモナスは女性がかかりやすい性病のひとつであり、膣トリコモナス原虫と呼ばれる微生物が性器内に入り込むことで炎症を起こします。男性の場合は、性行為後に排尿を行うことで病気にならずに済みますが、女性の場合はそうはいきません。そのため、女の人で感染してしまう人のほうがかなり多いということができます。ト...