• ホーム
  • オリモノの悪臭がするトリコモナスの治療方法

オリモノの悪臭がするトリコモナスの治療方法

心配している男性

トリコモナスは女性がかかりやすい性病のひとつであり、膣トリコモナス原虫と呼ばれる微生物が性器内に入り込むことで炎症を起こします。男性の場合は、性行為後に排尿を行うことで病気にならずに済みますが、女性の場合はそうはいきません。そのため、女の人で感染してしまう人のほうがかなり多いということができます。

トリコモナスは子宮の入り口や膣、男性の場合は前立腺や精嚢に原虫が寄生しており、精液や膣分泌液を介して感染してしまうのです。そのため、コンドームなしで性交渉を行った場合やアナルセックスなどを行った場合に移ってしまう可能性が高いのです。ただし、原虫が原因の病気は性行為以外でも感染する可能性があります。性交渉による接触がなかったとしても、下着やタオル、便器や浴槽などを共有したり同じ場所に座ったりすることで感染してしまうことがあるのです。

トリコモナスに感染した場合、男性であれば尿道から膿が発生したり軽い排尿痛が起こったりますが、そもそも男性は排尿することで予防することができるため、感染者が少ないと言えます。女性の場合は膣や子宮入り口が炎症を起こし、泡状で強い悪臭のオリモノが生じるのです。他の性病に感染した場合のオリモノは、色が黄色味を帯びていたり量が多かったりするなど、通常の場合と区別することが難しいと言えます。しかしながら、トリコモナスに感染したときのオリモノはかなり強い悪臭を放ち、外陰部や膣の痛みもとても強いものです。自覚症状は持ちやすいので、早急に治療を進めることができるでしょう。

トリコモナスに感染すると、出産にも悪い影響を与えてしまう可能性があるので注意しておかなければなりません。妊婦さんが感染した状態であると、出産するときに胎児に病気が移ってしまう可能性があり、産まれて早々胎児が病気になってしまうかもしれないのです。また妊婦さんが感染することで早産のリスクが高まるなど、多数の問題が生じることになるでしょう。早産や胎児への影響などをなくすためには、早急に治療を進めておく必要があります。

我慢できるレベルの症状であれば病院へ行きたくない人もいるかもしれませんが、トリコモナスは出産にも影響があります。トリコモナスのような自覚症状があるとき、女性はもちろんですが、男性も感染の疑いがある場合は治療をしておかないと、パートナーに移し、出産に影響を与える可能性があるので、注意してください。

関連記事
性器周辺にイボができたら尖圭コンジローマと思ってください 2019年10月29日

性病はその病気の種類によって症状が様々ですが、性器や肛門周辺にイボができた場合は尖圭コンジローマという病気を疑ってください。子宮頸がんと同じウイルスによる病気だと勘違いしている人もいますが、これは低リスク型のヒトパピローマウイルスに感染することで起こる病気であり、子宮頸がんの原因となる高リスク型ヒト...

40歳未満に多いと言われているマイコプラズマ肺炎の原因と治療法 2019年11月08日

マイコプラズマ肺炎は40歳未満の人が感染しやすいということで知られています。40歳未満で多いと言われていますが、40歳以上であれば絶対に移らないというわけではないので、注意しておきましょう。このマイコプラズマ肺炎は細菌に感染することで起こる肺炎です。呼吸器感染症のひとつであり、多くの呼吸器感染症がそ...

性感染症である梅毒の感染経路と治療について 2019年11月02日

梅毒は古くから存在する性病のひとつで、昔は治療薬が発見されるまでは不治の病として恐怖の対象であったことは有名な話です。梅毒は感染した人の症状が出ている病変部という部分や血液、精液や膣分泌液が皮膚や粘膜の傷口から入り込むことによって感染します。驚くことに全身に症状が出てしまうので、大変な思いをすること...