黄色のカプセルと葉

性感染症にならないためにも、性行為時は必ずコンドームを着用しなければなりません。性病の多くは性器や粘膜が接触することによる感染なので、コンドームを装着することで防ぐことができる病気が多々あると言えます。男性も女性も性病予防のためにはコンドームの使用がカギとなっていることを知っておく必要がありますし、パートナーとの性行為時は感染を防止するために避妊具を使用することを心がけておかなければならないでしょう。

性行為時は必ずコンドームを装着

性行為時には必ずコンドームを使用することが、性病を予防するために重要であると言えます。性病の感染経路の多くは、避妊具を使用せずに行った膣内への挿入やアナルセックス、オーラルセックスが原因だと言えるでしょう。避妊具を使用せずに挿入を行ったからと言って絶対に感染するとは言えません。もちろん1回の性交渉では感染することがなかったり、数回行ったとしても移らなかったりするので、もしも性病を持った人と避妊具なしで性交渉をしたことがあるけれど平気だったという人は認識が甘い可能性があります。性病は感染に気を付けていたとしても、病原菌や病原体を保有する人と性交渉を行うことで移ってしまう可能性があると思っておかなければならないでしょう。

性行為時に避妊具を使用しなければ、尿道から膣内や直腸の粘膜にある傷から細菌やウイルスが入り込んでしまい、その結果として性病を発病してしまうかもしれません。発病してしまうかどうかは決まりがあるわけではないので、原因菌の保有者と性行為を行ったことが原因でいつ発病してもおかしくはないのです。そのため、パートナーが性感染症になっている場合は早急な治療が必要ですし、治療中はなるべく感染するような行為を避けなければ、移ってしまう可能性があります。反対に自分自身が感染している場合も、パートナーに配慮しなければ病気を移しかねません。パートナーと一緒に性病になってしまうと、ふたりとも苦しまなければならないだけではなく、一方の治療が終わってももうひとりの治療が完璧ではなく、何度も移し合ってしまう可能性もあるのです。

性感染症になってしまうと、病院などで検査を行って治療薬を飲む必要が出てきます。薬を飲めばよいなら問題ないと考える認識が甘い人もいるかもしれませんが、なかにはすぐに病気に気づくことができずに、症状が重症化してしまったり不妊などを引き起こしてしまったりする可能性もあるのです。また、出産時に妊婦さんが感染していると赤ちゃんにまで移る可能性もあるため、非常に危険だと言えるでしょう。自覚症状がない性病も少なくありませんので、必ずしもすぐに治療薬で対処することができるとは限らないので、それよりもあらかじめ移ってしまわないことを重視した対策をとっておいたほうが確実だと言えるのです。自分のためにもパートナーのためにも、性感染症予防として必ずコンドームを使用した性行為を行うように心がけておきましょう。

性感染症予防のためにリーフレットが配布されている

現在では性行為への認識の甘さが問題となっており、これは若い世代の人だけではなく、ある程度の年齢である大人に対しても言えることです。性交渉を行うすべての世代で性病への認識の甘さが問題となっています。学校の授業などで性器の働きなどは習ったとしても、性行為による病気までしっかりとした知識を身につけている人は少ないです。なぜなら授業で習う時期には性交渉と無縁の生活を送っている子供が少なくないので、いざ性交渉を行うようなときになったときには、そのときの記憶がすっぽりと抜け落ちていてもおかしくないと言えるでしょう。

男性や女性、年齢に関係なく性行為に対する認識を改善するために、性病感染症に関するリーフレットが配布されています。このリーフレットでは必ずコンドームを使うことにも触れられているのです。個人的に取り寄せることは難しいですが、学校やイベントなど団体に配布する予定があるのであれば、取り寄せることができるので、性病に関するセミナーを行うときなどにも利用することができますし、そういった場所に参加することで手に入れることができるでしょう。

リーフレットでは性病の種類や感染経路、どういった症状があり予防するためにはどうすればよいかなど、性病に関する様々な情報が取りまとめられています。自分で性感染症について勉強するとなると、何を勉強してよいかわからずに困ってしまう人もいるかもしれませんが、こういったリーフレットはすでに重要な情報がまとめられているので、1冊読むことでたくさんの大切な情報を手に入れることができるのです。もしもリーフレットをもらうことができたら、きちんと読んでみることをおすすめします。

予防するべきだと何となく知っていても、その具体的な方法や理由を知らなければ、しっかりとした予防を行うことができません。性病については種類をはじめとして感染経路や対処法など、たくさんのことを知っておく必要があります。性行為を行う人であれば無関係だとは言い切れないことなので、性感染症に関した正しい知識を仕入れることは非常に重要です。リーフレットなどを活用して、性行為への認識の甘さをなくすようにしましょう。パートナーと情報を共有すれば、より性病を患ってしまう可能性が下がりますので、おすすめだと言えます。

記事一覧
性器周辺にイボができたら尖圭コンジローマと思ってください 2019年10月29日

性病はその病気の種類によって症状が様々ですが、性器や肛門周辺にイボができた場合は尖圭コンジローマという病気を疑ってください。子宮頸がんと同じウイルスによる病気だ...

50歳以上の方は帯状疱疹に気を付けましょう 2019年12月04日

高齢者で帯状疱疹とも呼ばれる帯状ヘルペスに感染してしまう人は、決して少なくありません。特に50歳以上の人は感染が多く、注意が必要だと言えるでしょう。水痘に感染し...

40歳未満に多いと言われているマイコプラズマ肺炎の原因と治療法 2019年11月08日

マイコプラズマ肺炎は40歳未満の人が感染しやすいということで知られています。40歳未満で多いと言われていますが、40歳以上であれば絶対に移らないというわけではな...

オリモノの悪臭がするトリコモナスの治療方法 2019年11月04日

トリコモナスは女性がかかりやすい性病のひとつであり、膣トリコモナス原虫と呼ばれる微生物が性器内に入り込むことで炎症を起こします。男性の場合は、性行為後に排尿を行...

性感染症である梅毒の感染経路と治療について 2019年11月02日

梅毒は古くから存在する性病のひとつで、昔は治療薬が発見されるまでは不治の病として恐怖の対象であったことは有名な話です。梅毒は感染した人の症状が出ている病変部とい...